ブログ

ギリシャ

2014/06/20

ギリシャ共和国ギリシャきょうわこく)、通称ギリシャ。

エーゲ海を中心に存在するおよそ3,000前後の島によって構成されている。北は西からアルバニア、マケドニア共和国、ブルガリアと、東はトルコと国境を接している。本土の周囲は東にはエーゲ海、西はイオニア海、南は地中海に囲まれている。

ギリシャは地中海文明のルーツの一つであり、複数の文明の接点に位置する国としてヨーロッパ、アフリカ、アジアの歴史に大きな影響を与える。

現在のギリシャは国連、EU およびNATO の加盟国である。1896年と2004年には首都アテネで近代オリンピックが開催された。

面積:13 万 1,957 平方キロメートル

人口:1,078 万 7,690 人

首都:アテネ、人口:381 万 2,330 人

GDP(名目):2,492 億 100 万ドル 

1 人当たり名目 GDP:2 万 2,055ドル

FIFAランキング12位

2大会連続3度目

最高成績グループリーグ3位

欧州予選では堅固な守備をベースとしたサッカーを披露し。前回のワールドカップに続いて今回も欧州プレーオフを勝ち上がり、2大会連続出場を果たした。古代ギリシャの兵士たちを想起させる質実剛健な選手たちは不屈の精神でどんな相手にも立ち向かい、最後までハードワークを欠かさない。土壇場での勝負強さはピカイチ。

コロンビア戦で3-0で完敗。

日本もコートジポワール戦を落とし

本日20日7時キックオフ(日本時間)共に負けれない、絶対に勝たないといけない試合でした

ドローと言った結果に

得失点差で現在グループリーグ3位という成績により自力での予選突破の可能性はなくなりました。

グループリーグ最後のコロンビア戦に勝って、同時刻に行われるコートジポワール対ギリシャ戦でコートジポワールがただただ負けるか、引き分けるのを祈るのみです。


ブラジル

2014/06/13

ブラジルでW杯、2016年にオリンピック(リオデジャネイロ)が開催。この世界的な祭典が続けて開催されることによって、ブラジルのスポーツ省はW杯、オリンピックも含めた経済効果を約6兆円、雇用創出が300万人可能だと予測しています。しかし、ブラジル国内ではW杯開催に反対するデモが各地で激化。デモ隊は一部の利権者だけが潤う金の使い方をせず、貧困層にも幅広く恩恵が及ぶ経済対策に金を使えというものです。また、賃金の改善を求めたストライキも頻発しています。ブラジルでの貧富の差がより一層に拡大が目立ってきているということです。

 

現在建設にあたっている道路や鉄道は後々国民の「資産」として活用されますが、余分なスタジアムなどは活用されずに「負の遺産」となる。ブラジルの場合、サッカースタジアムはともかく、今後建設されていくオリンピックの各種競技施設に関しては、閉会後にオリンピックレガシーになりかねないと危惧されていて、問題は山積みです。

 

なにはともあれW杯は本日、無事開幕致しました!!

 

優勝候補筆頭ブラジル、大事な初戦もネイマールが2発決め白星発進

このまま開催国ブラジルが12年ぶりの覇権奪回すれば一気にムードは高まり色んな問題も解決するように思えます。

 

世間はW杯一色。日本戦初戦は日本時間15日10:00~キックオフですね!楽しみです!!


ワークスタイルの変革

2014/06/06

夏の節電対策として、「クールビズ」より、軽装の「スーパークールビズ」が、2日から本格的に始まりました。
「スーパークールビズ」はノーネクタイ、ノージャケットに加えて、「ポロシャツ」や「アロハシャツ」「スニーカー」の勤務を認めると言うもの


今週の2日、東京・霞が関の環境省の職員らが率先して色鮮やかなアロハシャツやポロシャツなどで出勤する姿がニュースで取り上げられていました。
 明るい色のアロハシャツを着ていることでなんだか生き生きとした感じで出勤していたり、軽快な足取りで出勤している様が映像を通して感じれました。暑さ対策、電力不足への懸念からの節電対策だけではなく、アロハシャツを着ることのよって雰囲気まで明るくなっている。

 

環境省が打ち出した「スーパークールビズ」はとてもいい提案だと思います。環境省のみならず、全ての省庁及び、県や市町村の役所でも実施し、また、民間企業にも、いい形で広まればいいなと思います。

 


建機ピックアップリストを更新しました!!

2014/05/30

建機ピックアップリストを更新しました!!!

こちらの商品が他社の商品と違うところは、目の前の現場で今日も元気に現役で仕事をしていることです。

ですので、港や保管庫で商品として出荷を待っている建機よりも格段に働いてくれる可能性が上がるのです。

よって、建機によっては定期的に使用時間数を更新しています。

Top Inc.の「強みの一つでもある

実用的なメンテナンス方法

を行うことで、その建機の性能を存分に発揮でき、稼働時間から見るに信じられないほど良好な状態を維持する事ができます。

 

今回ホームページ上では、弊社引き渡しが条件(EX-Works)にて価格を提示しております。

自社で運送も行っており

費用もとてもお安くなりますので、運送料込みのお見積りなど、

わたくし吉川までどうぞお気軽にお問合せ下さい!

 

自社保有の建機がメイン。

だからこそよりお客様にとって好条件でのお取引が実現できます。


ホーチミンで日本食

2014/05/23
ベトナム、ホーチミンで日本食を食べました。
2014-04-23 12.03.39.jpg
のれんも日本語でした。
 
周辺にも50店舗前後あり、日本食レストランのニーズが年々増大すると言われています
そこでベトナムで飲食店を経営するにはどうしたらいいか調べてみましたが、高いハードルがたくさんあるみたいです。
いろいろ調べたり話を聞いたものをまとめみました
↓↓↓↓
出資形態
 WTO加入以来、外資の参入を段階的に解放していますが、飲食店については外資100%独資による法人設立が難しい状況。そのため日系飲食店は例外を除き、ベトナム人名義の店舗・法人または現地企業との協力契約しながら、実質的なオーナーは日本人というケースが多いようです。
 
投資ライセンスの取得
基本的には、ベトナム人に出来る仕事は外国人が会社を作ることは難しく。外国人が、ベトナム人が持っていない技術などを提供して仕事をする、という大義名分が無いと、投資ライセンスは降りないという基本姿勢があり
ライセンス取得するあたって、色々な書類を商工省に提出し、審査を受ける必要がある。
さらに、飲食店を開業する場合は輸入権と販売権(卸売と小売に分かれる)を取得する必要があります。また、飲食店を含む小売業は、店舗についても許認可事項になります。
 
食材の調達
営業するうえで卸売業者の存在は必須ですが、ホーチミンには日系業者が所在するほか、共同仕入れも行われているようです。最近は、日本の食材を入手する手段は増えていますが、投資ライセンスや関税の問題もあり、自由に輸入できるというわけではない。また、数が決まっているので、単価が割高になるという問題もあります。

このように、ベトナムで飲食店を開業するには高いハードルを乗り越える必要があった。

様々な業種がこの世の中に溢れていますが、簡単に海外進出出来ないんだなと、改めて思いました。


戦争証跡博物館~ベトナム~

2014/05/16

ホーチミンの観光名所の一つの

戦争証跡博物館にベトナム視察の際に行ってきました

入場料1.5万ドン

入るとすぐに庭に当時の戦車や飛行機やヘリなどが飾られている
2014-04-24 13.40.54.jpg
2014-04-24 13.41.08.jpg
2014-04-24 14.20.54.jpg
館内に入ると、生々しい数の写真に目が奪われる!
戦場カメラマンが実際撮影した写真たち、日本では考えられないほどの
、ありのままの姿の写真の数々・・・。

戦争を知らない今の日本人には衝撃的だと思います。

戦争をありのままに伝える博物館。


たぶん日本にも戦争の資料や博物館はたくさんあるだろうが規制がかかったりと色々と配慮され
本当の戦争を知る人間が少なくなってきていると思います。

歴史から知識を得る、

得た知識から同じ過ちを犯してはいけいない。ということを改めて思い知った。

ベトナムと言う国はまだまだ貧しいですが著しい成長を遂げてきている国です

この博物館は、ベトナム人にとって持ち前のガッツとエネルギーで戦争という歴史を乗り越えようとしている未来を再確認する場所でもあるように思えました。


バイク大国

2014/05/10

ベトナム視察に訪れましたが

想像以上のバイク、バイク、バイクの数にびっくりです!!!

右を見ても左を見ても2乗りをしたバイクが走っています

2014-04-22 16.41.22.jpg

たくさんのバイクが常に走っているので

人が道路を横断出来るだろうか?と思っていましたが

みんな徐行をしてルールを守って走っているので、余裕で道を横断することが出来ました。

ベトナムにとってバイクは生活では欠かせない物

「家は売ってもバイクは売るな」 ベトナム人にとっての決まり文句があるみたいです。


マレーシア 世界遺産

2014/05/01

市場視察、商談でマレーシアに行きました。

クアラルンプール、マラッカと2都市を廻り

肌で感じ、目で見て、直接現地の人たちと話す事によって実りある収穫が出来ました

◆◆◆◆       ◆◆◆◆       ◆◆◆◆      ◆◆◆◆          

仕事とは関係ないのですがマレーシアの観光名所の1つとして有名なマラッカ

西洋と東洋が混ざったなんともいえないエキゾチックな街並、

独特なプラナカン文化、

2014-04-21 14.30.52.jpg

"Visit Melaka Means Visit Malaysia"
マラッカを知らずしてマレーシアを語るべからず!

有名なフレーズ通り訪れる人々を惹き付ける魅力に溢れてる街でした。

首都クアラルンプールよりバスで約2時間。マレーシアに立ち寄った際には是非ともお勧めします!!!

 

 


月別アーカイブ一覧