取扱重機のご紹介

用途
道路等のアスファルト舗装のために使われる建設機械。
ディーゼルエンジン等の原動機を有し自走する。

用途
建設現場で、地面をローラーで圧し固める建設機械の鉄輪
ローラの総称である。スムーズローラーとも。
文脈によっては単にローラー とも。
日本の官公庁などでは、締固め用機械と呼ばれる。

用途
整地用途に使用される自走式の産業用車両、建設機械。
「モーターグレーダ」と表記することもある。
整地作業をする機械を米国ではグレーダーと呼ぶ。
当初はトラクターで牽引される器具だったが、
エンジンを搭載した自走式となり、
モーターグレーダーと呼ばれるようになった。

用途
コンクリ-ト路面・アスコン路面・コンクリ-ト床版の路面切削等が行えます。
路面切削機にはコンクリート用の刃とアスファルト用の刃があり、使用目的で交換します。
刃の交換は路面切削機にドリルが付いているため刃の回転する方向と逆の方向にドリルでたたくと簡単に取れる仕組みになっています。

用途
一般には油圧ショベル、パワーショベル、
バックホー等と呼ばれる建設機械の呼称のひとつで、
日本においてはレンタルのニッケンの登録商標
(商標登録第2086745号)である。
「油圧ショベル」は 1990年代に入ってから、
これらの統一名称として「社団法人日本建設機械工業会」
によって定められたものである。

用途
クレーン・移動式クレーンなどを含む広義のクレーンについての日本の法令の定義区分のひとつであり、当該広義のクレーンのうち狭義のクレーン、デリック、揚貨装置以外のものをいう。
それぞれに運転資格が異なり、この区分のものの運転には移動式クレーン運転士免許等が必要となる。